レヴィオンロイヤルデッキ紹介!ルネスがコスト1最強!?

ゲーム

こんばんは、ひろです!

今回は、新環境「Rebiarth Of Grory

でのロイヤルデッキ、

レヴィオンロイヤルを解説します。

僕の好きなアルベールが再録されるということで、アルベールをメインにしたデッキを最初に作ったので、その魅力を紹介します!

レヴィオンロイヤルは、先程説明した通り、新環境Rebiarth Of Groryでのロイヤルデッキです。

デッキ名通り、レヴィオンカードを軸にしたデッキになっています。レヴィオンカードについては、次の章で説明します。

新タイプ「レヴィオン」

この章では、「Rebiarth Of Grory」で追加されたタイプ、レヴィオンについて説明します。

今回追加されたレヴィオンの新カードは、この5枚です。

画像を見てもらうと、エルフやロイヤルなどのクラスとは別のものになっているのが分かると思います。種族とでも言ってみるのがいいかもしれません。同じようなものだと、ウィッチのマナリアがあります。

レヴィオンロイヤルでは、この五枚を組み合わせることで、勝利につなげていきます。

具体的な戦術については、あとで説明します。

レヴィオンロイヤル デッキ紹介

まず例に、僕の今使っているデッキを紹介します。まだ試作段階の為、無駄があると思いますが、ご了承下さい。

このデッキの特徴

  • 実装されたレヴィオンカードが種類と少ないので、全種類3枚積みすることで、できるだけシナジーを発生させられるようになっている
  • 低コストフォロワーを多めに採用したアグロ寄りの構成
  • ジェノのEPなし進化と相性のいいオリヴィエを採用

レヴィオンロイヤルの使い方を解説

レヴィオンロイヤルでは、レヴィオンカードのシナジーによって勝利に繋げていきます。レヴィオンカードを見て気づいてもらいたいのは、進化時効果が強いものや、進化と相性のいい効果を持っているという点です。

さらにレヴィオンカードは、レヴィオンの猛者・ジェノの効果でEPを使わず進化が出来るので、尚更強力になっています。

レヴィオンカードの解説をしていきます。

レヴィオンの見習い・ルネス

このカードの強い点は、ファンファーレの他の手札のレヴィオンカードの枚数1枚につき+0/+1するという効果と、エンハンスの2回攻撃ができるという効果の相性が非常にいい所です。

何故かというと、体力を上げることで、2回攻撃をしやすくなる、2回攻撃をしても生き残る可能性が高くなるからです。

また、レヴィオンの猛者ジェノと組み合わせることによって、最短4ターン目に、EPなしで3/5+x 2回攻撃可能と言った形にできるので、盤面処理に大きく貢献します。

*x=レヴィオンカードの枚数

レヴィオンの英雄・アルベール

このカードの特徴は、エンハンス効果で2通りの使い方ができる点です。

5コストとして使う場合は3(+1)/5 疾走と、

バーンダメージを与えられるフォロワーになり、

9コストとして使う場合は、先ほどの効果に加えて、名前の異なるレヴィオンフォロワーを場が上限枚数になるまで出すことができます。

この効果により、場が開いているなら、「レヴィオンの見習い・ルネス」、「レヴィオンの猛者・ジェノ」「レヴィオンの弓使い」を出すことができます。

「レヴィオンの猛者・ジェノ」を出すことにより、アルベールの効果で出したほかのフォロワーの中から1体EPなしで進化できるので、アルベールを進化して打点を増やしたり、弓使いやルネスを進化して、より有利な盤面に近づけることができます。

また、アルベールの「自分の場に他のレヴィオンフォロワーがあるなら+1/+0する」という効果も働くので、さらに打点が増えます。

まとめ

今回は、Rebiarth Of Groryの新カード、レヴィオンカードとレヴィオンデッキを紹介しました!

次回は、今回作ったデッキを使っていきます!見た感じの印象だと、初手でどれだけレヴィオンカードを引けるかが鍵になりそうです!最後まで見ていただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました