【レインボーシックスシージ/R6S】強くなるために必須『リコイル制御』のやり方とコツ

R6S

今回はリコイル制御について書きます。武器の反動を抑えてエイムを合わせ続けるコツを説明します。
リコイル制御をすればエイムの安定感がグッとまします。
上級者でリコイル制御をしていない人はいない必須のテクニックです。

リコイル制御とは

「リコイル制御」の「リコイル」というのは、銃で射撃する時の反動です。
リコイル制御は、リコイル(反動)をマウスを動かして相殺することをいいます。

リコイル制御のやり方

リコイル制御は、反動と反対方向にマウスを動かします
例えば、「銃の反動が右上なら左下に同じだけ動かせる」ことで、「弾を真ん中に集める 」 ということです。

上がリコイル制御なし下がリコイル制御ありになっています。
上では弾が上にブレているのに対して、下では中央に弾が集まっています
弾痕の位置を確認すれば一目瞭然です。

リコイル制御なし

リコイル制御あり

リコイル制御あり/なしの弾痕の違い

銃ごとに反動は違うので注意が必要です。
自分の使っている武器の反動に合わせてリコイル制御をしましょう、
画像で使っているTYPE-89の反動は右上なので左下にマウスを動かしています。
難しい場合はとりあえずマウスを下に動かしながら撃つと考えておけば大丈夫です。

下に動かしすぎてもエイムがずれるので注意しましょう。
下の動画では、マウスを大きく動かしすぎてエイムが下に行き過ぎている状態です。
エイムが動きすぎる場合はマウスの感度を下げるとうまくいくこともあります

リコイル制御で強くなる武器

リコイル制御ができるようになったら、「BEGGINING9」を使ってみてください。
BEGGINING9は反動が強い武器ですが、リコイル制御ができるならめっちゃ強いです(敵が一瞬で溶けます)

アサルトで自分が先に撃ったのに負けた!って時は相手がBEGGINING9を使っているかもしれないです
(連射速度1100の超高レートなのでキルタイムが短い)

実際の試合でリコイル制御をするのは難しいですが
時間さえかければなんとかなるので頑張りましょう、どうしてもできない時はマウスの感度なども見直して下さい、ローセンシの方が制御しやすいかもです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました