【第五人格】苦手ハンター!芸者を攻略⁉︎『Identity Ⅴ』

ゲーム
はる
はる

どうもこんにちは、はるです! 
今回紹介するハンター、芸者は初心者の頃にどうしたらいいか
よくわからないハンタートップ3に入るのではないでしょうか?
僕も初めは、どうチェイスしたらいいかわからないハンターでした!
ですが、コツさえ分かれば得意にもなれるので、ぜひ参考にしてみてください!

芸者の能力

芸者は、下の写真のように能力の種類自体は少ないものの、あんまり知られていないこともあるので
紹介していきます!

刹那とは

芸者の刹那はクールタイムが8秒です。
なので、一度使用させると8秒間は、刹那を気にせずに前を見て走っても大丈夫です!

芸者は、存在感が最大までたまると、刹那のスピードが速くなります。
なので、さらに距離を縮めやすくなるので要注意です!!

芸者には、3つのタイプがある

①美人相とは…警戒範囲が小さく、移動速度が速くなる。

②般若相とは…警戒範囲が大きく、足が少し遅くなる。

般若相になる条件
板を当てられる
サバイバーのアイテムでひるむ
スキルを使用する
攻撃する
板を壊す
サバイバーを掴んでいる間
補助特質を使った時

③狼狽相とは…サバイバーに顔を見られている時。
       警戒範囲は変わらないが、刹那ができなくなる。
       この状態が足が最も遅い。

この辺は、サバイバーがコントロールできるものでもないので、知識として知っておくといいです。

刹那ボタンをいつ押せばいいのか

実は知らない人が多い刹那ボタンの意味

芸者がいつでも刹那を使える状態。
刹那のクールタイム。(刹那が使えない)

刹那止めのタイミング

芸者との、チェイスで必須のテクニックとなる刹那止めです!

正直プレイヤーによって、タイミングは変わってきますが、今回は、代表的なものを紹介します。

  1. 板越え、窓乗り越え時
  2. 板や窓枠を乗り越えたあと
  3. 壁越しに刹那マークが出る時
  4. 救助時の中間待機の時

板越え、窓乗り越え時

このように刹那を切らないまま乗り越えをしてしまうと、ボタンを押せないまま強制刹那されてしまいます。
乗り越えが間に合わないと、恐怖の一撃をもらってしまうこともあるので、刹那は止めてからにするか、板のほうまで走るようにしてください。

板や窓枠を乗り越えたあと

上の写真のように芸者との距離を離してしまうと刹那で、板抜きという技をされてしまうので、気をつけてください。
できるだけ、板や壁を挟み、芸者との最短距離を保つことで、板は抜けません!
板を壊すモーションが見えた瞬間か、1度刹那を切ってしまった後で、次の板まで板まで移動すると良いです!

壁越しに刹那マークが出る時

写真のように、壁越しに刹那マークが出る時、壁を抜いて刹那をされることがあります!
この場合、壁によって芸者との距離を詰めることで、刹那されなくなります!

救助時の中間待機の時

芸者は、中間待機で救助する人を待っていることが多いです。
1発、攻撃を受けても焦らずに刹那を止めることを意識しましょう
または、1発もらった後で瞬間移動でイスまで戻ることもあるため、その場合は、引くことも大切です。
基本的には、ダブルダウンは避ける動きが大事です。

芸者チェイスで意識すること

芸者のチェイスを伸ばすためには、刹那を切ることが大前提とされています。

人によって、または場所によっては、刹那の切り方が2パターンあります。

一つは、障害物越しに芸者との距離を詰めてしまうことです

もう一つは、芸者との距離が空いている時、後ろを軽く見たりしながら、刹那ボタンを押すことです
僕がしているこの方法のコツとしては、4〜5回ほど刹那ボタンを連打します。その後、少し開けると刹那を使ってくる確率が高くなると思いました。よかったら参考にしてみてください。

芸者はチェイス中は大体、般若相になります。般若相は足が遅いので、追い付かれてしまうギリギリまでは板を倒さずにグルグルチェイスが強いです。

そして、板を使ってしまったら、次のポジションに移動という流れです。このポジション移動の時には、なるべく刹那で壁や板、窓を抜かせないように意識しましょう!

まとめ

芸者は、初めは苦手だとは思います。

しかし、焦らずにチェイスすることで、刹那以外の能力はなく、攻撃判定も他のハンターに比べ小さいのでチェイスしやすいです!

コツさえつかんでしまえば比較的、難しくはないので頑張って見てください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました